中古車の外装チェック - 中古車購入、バイク買い取りのコツ・方法!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古車の外装チェック


実際に中古車を購入し、
初めて車体を洗っている時に
「あれれ?こんな傷ここにあったっけ?」と気付いたり、
知人や友人に指摘されて初めて傷の存在を知るということもあると思います。

やっぱり購入後に傷を発見するのはショックです。


このようなトラブルを防ぐために
中古車を購入する前に車の外装をくまなくチェックしましょう。


1)車体を全体的に見渡す。

これは車から少し離れて全体を見てみましょう。
この際、夕暮れや夜といった暗い時間帯ではない、
昼間の明るい時にチェックするのが理想です。


ここで最も気を付けたいのがボディーの傷や汚れです。

傷や汚れは正面からのチェックでは意外に見落としてしまいがち。
なので横からもしっかり見て、ボディーの凹凸などもチェックしましょう。



2)プライスボードを取ってチェック

プライスボードで隠れている部分も忘れずにチェックを!

特にフロントガラスは飛んできた小石などで
欠けてしまった部分がある場合も多いです。

ぱっと見だけでは見落としてしまう傷なので、
プライスボードを動かし、きちんと隅々までチェックを怠らずにしましょう。



3)ドア、ボンネット、トランクも忘れずに

この3つは必ず開け閉めできるか動作確認してください。

例えばドアがスムーズに開閉しない場合は
整備が必要になるので抜かりなくチェックが必要です。



4)忘れてはならない、タイヤのチェック

意外に皆さん忘れがちなのが、タイヤなのです。

タイヤでチェックするカ所は、

●きちんと溝があるか
●ひび割れていないか
●左右が均等に摩耗しているか

等が大切なチェックポイントです。


スポンサーサイト
トラックバック

http://chuukoshabike.blog.fc2.com/tb.php/3-2cb3c871

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。